白金族元素(読み)はっきんぞくげんそ(英語表記)platinum metals

  • platinum group element
  • platinum group elements
  • はっきんぞくげんそ ハクキン‥
  • はっきんぞくげんそ〔ハクキンゾク〕
  • 白金族元素 platinum group elements

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しばしば天然には一緒に産出し,共通の性質をもつルテニウムロジウムパラジウムオスミウムイリジウム白金元素群をいう。周期表では8,9,10,すなわち鉄族,コバルト族,ニッケル族元素に属する。代表的な遷移元素群で,周期表の左右,上下の方向ともに類似が著しい。単体はいずれも金属。ルテニウム,オスミウムは硬くてもろく高融点で,酸には安定である。しかし酸素に対する抵抗は小さく,揮発性の酸化物をつくりやすい。ロジウムとイリジウムは硬く,高融点で,王水にもおかされないが,酸素に対しては比較的弱い。パラジウム,白金は展性,延性に富み,軟らかく,酸に対しては比較的抵抗力が小さいが,酸素に対しては安定である。いずれも銀白色,高融点の重い金属で,触媒,装飾用貴金属として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

周期表の第VIII族に属する元素のうち,最上部の鉄族元素を除いたルテニウムRu,ロジウムRh,パラジウムPd,オスミウムOs,イリジウムIrおよび白金Ptの6元素は,互いに性質のよく似た貴金属なので,白金族元素と総称される。諸性質の類似性は周期表の縦方向の元素間(RuとOs,RhとIr,PdPt)のほうが大きい。天然には互いに混じり合った合金として産出するが,その量はきわめて少ない。美しい銀白色(粉末は黒灰色)で,融点が高く,比重がきわめて大きい(Ru~Pdは約12,Os~Ptは約22)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周期表第8、9、10族に属する元素のうち、鉄族元素を除いたルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金の6元素の総称。すべて希元素で、地殻中の存在度はきわめて低い。化合物として産することが少なく、白金族元素どうしの合金であるイリドスミン、プラチニリジウムなどとして産出することが多い。単体はいずれも美しい銀白色の金属で(粉末は黒色)、融点が高く、酸化、腐食を受けにくく、貴金属である。化学的性質は互いによく似ており、多くの酸化状態が知られている。金属および化合物は各種の化学反応の触媒として用いられる。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 周期表第8~10族の第五周期・第六周期に属するルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金の六元素の総称。すべてクラーク数が低く、希元素である。融点が高く、化学的に安定で貴金属に分類される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ルテニウムRu,ロジウムRh,パラジウムPd,オスミウムOs,イリジウムIr,白金Ptの6元素は,性質が似ているので白金族元素と総称される.18族型周期表では8,9,10族になる.性質が似ているので天然には合金として一緒に産出する.代表的な貴金属で,酸,アルカリ,酸素などに侵されにくい.融点,沸点も高い.Osなどは八価の状態もとり,イオン半径の大きいことと相まって八配位の化合物をつくる.電気陰性度は2.2程度であるため,多くの化合物は共有結合性である.多くの化学反応に触媒として用いられる.とくに重要なものは自動車排気ガス浄化用三元触媒でPt,Rh,Pdが使われる.Ptは燃料電池電極材としても使われる.化学的に安定なので,たとえば白金などは化学用るつぼ,蒸発皿などに利用されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の白金族元素の言及

【貴金属】より

…金属を分類するときの用語の一つで,卑金属に対する語。通常は,金Au,銀Ag,および白金族元素のルテニウムRu,ロジウムRh,パラジウムPd,オスミウムOs,イリジウムIr,白金Ptをいう。化学的には,単体として産し,イオン化傾向が小さく,酸類などとは直接反応しにくく,空気中では酸化されにくい,ということで,上記の金属以外に銅Cuおよび水銀Hgをも含めていうのが普通である。…

※「白金族元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白金族元素の関連情報