コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性再生不良性貧血 せんてんせいさいせいふりょうせいひんけつCongenital Aplastic Anemia

1件 の用語解説(先天性再生不良性貧血の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいさいせいふりょうせいひんけつ【先天性再生不良性貧血 Congenital Aplastic Anemia】

[どんな病気か]
 先天的に骨髄(こつずい)に障害があって、赤血球(せっけっきゅう)が十分につくれないためにおこる貧血です。
 低身長、皮膚の色素沈着、形態異常をともなうものをファンコニ貧血、赤血球がつくられないだけのものをブラックファン・ダイヤモンド貧血といいます。
 常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)する、治療のむずかしい病気です。
 おもに4~6歳ごろに症状が現われることがほとんどです。
 最近では、骨髄移植(こつずいいしょく)(「骨髄移植の知識」)が有効で、骨髄移植した子どもの90%以上が成功しています。
 そのほか、薬物療法として、たんぱく同化ホルモン剤副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)が併用されます。メチルプレドニゾロンの大量使用や免疫抑制(めんえきよくせい)療法も行なわれています。
 その際には、薬の副作用や感染症、合併症に十分注意します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone