コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先太 サキブト

デジタル大辞泉の解説

さき‐ぶと【先太】

[名・形動]先端がもとの方よりも太いこと。また、そのさまや、そのもの。「先太な(の)棒」⇔先細

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さきぶと【先太】

棒などの先端が、元の部分より太いこと。また、そのもの。 ↔ 先細

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先太の関連キーワードマルトゲムシトゲワレカラ庄だいこんカラマツ阿剌知院先太り巻き貝先細り貝類もと部分先端たし

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先太の関連情報