コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光カード ひかりかーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

光カード

光メモリーを搭載したプラスチックカードのこと。光カード上のデータは、レーザー光を当てて、光の反射を利用して読み取る。データはレーザー光で穴を開けることで記録されるので、いったん記録したデータを書き換えることはできない。新しいデータは、まだデータを記録していない領域に書き込むことで追加する。光カードは、磁気カードに比べて記憶容量が大きい(標準仕様で2.8~3.4MB)、内容の改ざんができないため安全性が高い、などの特長がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐カード【光カード】

《optical memory cardから》クレジットカードと同様の形状のカードに光メモリーを搭載したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひかりカード【光カード】

光学的な方法で情報が記録されるカード。プラスチックのカード上に、大量の情報を記憶させることができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

光カードの関連キーワード大日本印刷(株)

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android