コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶障害 きおくしょうがい disturbance of memory

5件 の用語解説(記憶障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶障害
きおくしょうがい
disturbance of memory

頭部外傷や器質的障害,異常体験などにより記憶メカニズムに障害が発生すること。記憶は,記銘,保持,再生という流れに沿って成立する。集中力不足や注意力散漫,意識障害によって記銘障害が起るが,老人性記憶障害はこの記銘障害に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きおく‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【記憶障害】

高次脳機能障害の一。事故や疾病でに損傷を受けた場合などに起こる。物事を覚えたり、覚えたことを思い出す能力が低下し、新しいことが覚えられない、日付や場所がわからない、人の名前や顔が思い出せない、物の置き場所を忘れる、過去のことが思い出せない、同じ質問を何度も繰り返す、などの行動や状態が見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

記憶障害【きおくしょうがい】

記憶を,体験を心に刻む記銘力,それを何らかの形で保持したうえ,再生追想する能力の総合と考えるとき,記憶障害は次の2種に分けられる。1.記銘力の障害。主としてアルコール中毒老人性認知症(痴呆(ちほう))などにみられる(コルサコフ病)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きおくしょうがい【記憶障害】

外傷による脳の損傷や心因性の理由により、記銘・保持・再生という記憶の各段階のいずれかに障害が起きて記憶ができなくなる状態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

記憶障害
きおくしょうがい

病的な記憶の障害をいう。記憶能力には個人差が大きく、健常な状態でも正確な記憶を長く保つのは容易でない。老化によっても記憶は低下する。病的には、脳外傷、脳卒中薬物中毒など種々の脳障害の際、とくに意識障害や知能障害(精神遅滞や認知症)により、また統合失調症精神分裂病)や心因反応などいろいろな精神障害の際に記憶障害がみられる。
 記憶障害は、記銘力(短期記憶)の障害と想起(追想、長期記憶)の障害に大別される。実際には種々の形が混じって生じるが、便宜的に次のように分けて考えられる。[浅井昌弘]

記銘障害

できごとや体験を覚え込む能力の障害であり、短期記憶の障害ともいわれる。すこし前のできごとや最近のことも覚えていられず、次々と忘れてしまう。前向(ぜんこう)健忘も同じ意味である。注意集中力の低下、興味関心の低下、意欲の低下、疲労状態、なんらかの意識障害や知能低下(精神遅滞、認知症)などでみられるほか、コルサコフ症候群(健忘症候群)では著明な記銘障害がある。[浅井昌弘]

想起障害

想起の障害には量的なものと質的なものがある。量的障害は記憶増進と想起の減退(忘却、記憶減退、健忘)に分けられる。
 記憶増進は過去の記憶が異常な活発さで思い出されることで、記憶亢進(こうしん)ともいう。一時的に短時間にひとりでに多量のできごとが浮かんでくるのは、発熱時、夢のなか、催眠状態、側頭葉刺激時、アヘンやLSDなどの薬物使用時や中止後のフラッシュバックのときなどである。縊死(いし)未遂や高所からの墜落時など死に直面して一生涯がパノラマのように浮かんでくることもある。持続的な記憶力の亢進は、知能優秀者のほかに、精神遅滞者でもカレンダーや時刻表などを非常に正確かつ詳細に覚えている場合がある。見かけの記憶増進には、そう(躁)病の多弁、うつ(鬱)病の過去の失敗の想起、パラノイアや統合失調症(精神分裂病)の妄想的追想、ヒステリーや心気症の訴えなどの場合もある。
 忘却では、新しいものが古いものより早く失われやすい傾向(リボーの逆行律)がある。記憶減退は、過去の記憶が想起困難な場合で、老人や脳の器質疾患でみられる。健忘は、ある期間やある事柄に限られた追想欠如をいう。
 想起の質的障害(記憶錯誤)には、記憶の間違い(誤記憶、記憶錯覚)と、実際にはなかったことをあったように思い出す偽記憶(記憶幻覚)が含められる。記憶違いは日常よくみられ、虚言や証言の心理にも関係し、無意識の心理機制(フロイト)やゲシュタルト心理学などの立場からも研究されている。偽記憶は、想像、幻想、夢体験や作り話、妄想(妄追想)、既視感(デジャ・ビュ。初めてのものをすでに見たと思うこと)などと関連し、事実の有無について誤記憶と区別がむずかしいことがある。[浅井昌弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の記憶障害の言及

【記憶】より

…しかし,いずれの研究でも,現時点では記憶現象を解明するに至っていない。 一方,臨床医学での,慢性アルコール中毒によるコルサコフ症候群や癲癇(てんかん)など,脳内の特定の部位に損傷をもった患者の記憶障害の研究によって,脳内の記憶の場については,ある程度明らかにされている。とくに,ミルナーB.Milnerらの,癲癇の患者の記憶障害の分析(1957)は有名で,これらの研究から,脳内の海馬と側頭葉,乳頭体と視床の内側部が意識体験の記憶と深くかかわっていることが明らかにされている。…

※「記憶障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

記憶障害の関連キーワード機能障害高次脳機能障害身体障害肝機能障害頸髄損傷社会的行動障害遂行機能障害性機能障害注意障害外傷性脳損傷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

記憶障害の関連情報