コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光化学系Ⅱ コウカガクケイニ

デジタル大辞泉の解説

こうかがくけい‐に〔クワウクワガクケイ‐〕【光化学系Ⅱ】

光合成において水分子を酸素と水素に分解する光化学反応。また、触媒としてその役割を担うたんぱく質複合体。その触媒中心の構造は長らく不明だったが、マンガン原子4個、カルシウム原子1個、酸素原子5個、水分子4個からなる歪んだ椅子のような形状であることが明らかになり、マンガンクラスターとよばれる。PSⅡ。→光化学系Ⅰ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

光化学系Ⅱの関連キーワード光リン酸化PSII光化学系

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android