コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光化学反応 コウカガクハンノウ

百科事典マイペディアの解説

光化学反応【こうかがくはんのう】

光(ひかり)化学反応

光化学反応【ひかりかがくはんのう】

〈こうかがくはんのう〉とも。光の作用によって起こる化学反応。普通の反応と同じく,分解,合成,重合,異性化などの反応がある。多くの場合反応物質に光が当たることによって活性分子,遊離原子または遊離基などを生じ,これによって一連の反応が進むのであって,連鎖反応などとなることも多い。
→関連項目光化学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

光化学反応

 光を吸収した物質が起こす化学反応.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりかがくはんのう【光化学反応 photochemical reaction】

物質による光の吸収の結果ひき起こされる化学反応。〈こうかがくはんのう〉ともいう。物質が光を吸収してできた励起種が直接的にひき起こす諸過程を光化学前期過程といい,これにひき続いて起こる過程を光化学後続過程というが,光化学反応はどちらの過程でも起こる。光化学前期過程で起こる化学反応には,(1)光分解,(2)光異性化,(3)光励起分子と他の分子との衝突による反応などがある。(1)の光分解には,直接光分解(たとえばヨウ化水素の260nm領域における光分解で,10-13秒以内に分解する)と前期解離とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光化学反応
こうかがくはんのう
photochemical reactions

可視光および紫外線照射により引き起こされる化学反応の総称。光の吸収により分子内の電子がエネルギーの高い状態に励起されておこる化学反応を意味し、電子のエネルギーが最低の基底状態の熱反応とは初期過程において異なる。
 光化学反応の特徴としては、出発系より熱力学的に不安定な生成系、たとえば、ひずみ化合物、小環状化合物を合成することができる。また遊離基、カルベン、ナイトレンなど反応活性種を低温で生成するのにも適する。
 光化学反応は直接光照射、または光増感反応によっておこるが、最近、光を用いない光化学反応も知られるようになった。ホタルの発光の研究などがそれで、たとえばジオキサンの熱分解によって光励起状態のカルボニル化合物が生成され発光が観察される。
 有機化合物の光化学反応は、発色団の種類によって分類すると便利である。アルケン、芳香族化合物、カルボニル化合物、アゾおよびイミノ化合物、ニトロおよびニトロソ化合物は光照射によって発色団特有の光反応を示す。たとえば、アルケン、芳香族化合物はπ(パイ)結合から、またカルボニル化合物やアゾ化合物は孤立電子対から励起され、特有な光反応を示す。また、光によりおこる反応の型によって分類することもできる。たとえば、光イオン化反応、光分解反応、光異性化反応、光置換反応、光付加および環化反応、光二量化反応および重合反応、光転位反応、光酸化および光還元反応などがあげられる。
 光化学反応の特色を生かす応用研究は、数多く知られており、たとえば銀塩および非銀塩写真、感光性樹脂、情報記録、紫外線吸収剤と酸化防止剤、蛍光増白剤と有色蛍光剤など工業的応用は広範である。[向井利夫]
『徳丸克己編『共立ライブラリー17 光化学の利用』(1978・共立出版) ▽長倉三郎編『岩波講座 現代化学12 光と分子』(1980・岩波書店) ▽安藤亘著『新しい有機合成反応 有機合成における光化学反応――オレフィン,ケトンを中心として』(1983・三共出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光化学反応の関連キーワードフランク‐ラビノヴィッチの仮説グロートゥス‐ドレイパーの法則エドモンド・ジョン ボーエンロスコー‐ブンゼンの法則ブンゼン=ロスコーの法則化学合成有機栄養生物光化学オキシダント揮発性有機化合物アクチノメーター非メタン炭化水素オキシダント雲光化学スモッグ作用スペクトルオーク製作所閃光光分解法ノーリッシュレーザー加工オキシダントラジカル反応光化学電池

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android