コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光角 コウカク

デジタル大辞泉の解説

こう‐かく〔クワウ‐〕【光角】

物体の一点と両眼とを結ぶ直線がなす角。この角度が大きいほど物体は近くにあると判断される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかく【光角】

物体の一点と両眼を結ぶ光線のなす角。その大小により物体までの遠近がわかる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

光角の関連キーワード老化にともなう皮膚の病気と症状ブルースターの法則ブルースターの角ブルースター角ゴニオメーター有棘細胞がん老人性色素斑ブルースターコットン効果老人性角化症TOSリンク日光角化症アベレス法ベルデ定数砂時計構造光線角化症がんの進行立体映画鏡検分析光学活性

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android