コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免田式土器 めんだしきどき

世界大百科事典 第2版の解説

めんだしきどき【免田式土器】

熊本県球磨郡免田地方の地名にちなんだ弥生時代中期末~古墳時代前期の土器。1918年ころ免田町本目の源が屋敷(げんがやしき)(本目遺跡という)一帯の畑を水田にするため地下げしたところ,数十~100個余りの完形土器が発見されたという。なかでも多くの長頸壺胴部重弧文(じゆうこもん)の文様が描かれていたところから,重弧文土器と呼ばれていた。37年に源が屋敷から発見された鋸歯文の長頸壺と瓢形(ひさごがた)土器の2個は重要文化財になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

免田式土器の関連キーワード熊本県球磨郡あさぎり町あさぎり(町)免田(熊本県)免田[町]免田〈町〉具志原貝塚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android