コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石包丁(読み)いしぼうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石包丁
いしぼうちょう

穀物の穂を摘み取る農具で,農耕文化の存在を実証する石器の一つ。磨製も多いが打製もあり,その形態は長方形,半月形などがある。扁平で片側に刃をつけ,中央に1ないし2孔あるが,これは指をはめる紐を通すためのものである。主要分布地域は中国,台湾,朝鮮,日本などで,中国では仰韶文化に,日本では弥生文化に伴う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いし‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【石包丁/石×庖丁】

弥生時代の石器の一。長さ10センチ内外で、穀類の穂を摘み取るのに用いた。打製品にはひも掛け用のえりぐりがあり、磨製品にはひもを通す穴があいている。中国の東部から朝鮮半島にかけても広くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防府市歴史用語集の解説

石包丁

 弥生時代のイネの穂をつみとるための道具です。現在の包丁のように使うわけではありません。穴にひもを通して、指にかけて使っていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

いしぼうちょう【石包丁】

弥生時代の磨製石器の一。半月形・長方形など種々の形がある。背にある二つの穴にひもを通し、握って稲などの穂を摘んだ穂摘み具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石包丁
いしぼうちょう

穀物の穂先を摘み取るための石器。中国の仰韶(ぎょうしょう)文化・竜山(りゅうざん)文化(「石刀」とよぶ)、朝鮮半島の初期農耕文化、日本の弥生(やよい)文化を特徴づける。磨製品は、半月形、杏仁(きょうにん)形、楕円(だえん)形、長方形で、その一長辺を刃とし、背すなわち刃の逆側近くに2孔をあけて紐(ひも)を通し、指にかけ手に固定して使うものが多い。打製品(中国仰韶文化、日本では瀬戸内海沿岸および長野県南部の弥生文化)は、両端にえぐりをつくって紐かけとする。石包丁の本来的機能は、成熟期が不ぞろいの初期農耕で、熟した穂から適時摘み取ることにあったと考えられている。石以外の材料を用いた同種の道具として、貝製品(貝包丁)が中国竜山文化(「蚌刀(ぼうとう)」とよぶ)および北部九州、南関東地方の弥生文化にあり、北海道アイヌの民族例が知られる。中国には土製品、土器片利用の「陶刀」もある。日本では近畿以西で石包丁形木製品が増えている。鉄製の穂摘み具は現在も東南アジアで広くみられる。[佐原 真]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例