コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎眼 とがんlagophthalmos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兎眼
とがん
lagophthalmos

顔面神経麻痺のとき,麻痺側の眼が閉じられなくなることがある。こうした原因で眼球が常に露出している状態を兎眼という。角膜が乾燥し,角膜上皮びらんや角膜潰瘍を起すおそれがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の兎眼の言及

【まぶた(瞼)】より

…眼瞼(がんけん)ともいう。眼球の角膜を保護する一種のひだで,サメ類などの一部の魚類のほかは,両生類以上の脊椎動物に発達する。サメでは下のまぶたが可動性でこれで目を閉ざすが,カエルなどの両生類もこれに似ている。爬虫類では,多くは上と下のまぶたのどちらも可動性であるが,目を閉ざすのは普通下のまぶたである。爬虫類,鳥類,および哺乳類では,第3のまぶたである瞬膜が発達する。瞬膜は内側上方から外側下方へ動いて角膜を清掃し,湿りけを与える働きをする。…

※「兎眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

兎眼の関連キーワード先天性眼瞼下垂顔面神経麻痺乾性角結膜炎眼球乾燥症兎眼症しわ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android