コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎眼 とがん lagophthalmos

1件 の用語解説(兎眼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兎眼
とがん
lagophthalmos

顔面神経麻痺のとき,麻痺側の眼が閉じられなくなることがある。こうした原因で眼球が常に露出している状態を兎眼という。角膜が乾燥し,角膜上皮びらんや角膜潰瘍を起すおそれがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の兎眼の言及

【まぶた(瞼)】より

…眼瞼(がんけん)ともいう。眼球の角膜を保護する一種のひだで,サメ類などの一部の魚類のほかは,両生類以上の脊椎動物に発達する。サメでは下のまぶたが可動性でこれで目を閉ざすが,カエルなどの両生類もこれに似ている。爬虫類では,多くは上と下のまぶたのどちらも可動性であるが,目を閉ざすのは普通下のまぶたである。爬虫類,鳥類,および哺乳類では,第3のまぶたである瞬膜が発達する。瞬膜は内側上方から外側下方へ動いて角膜を清掃し,湿りけを与える働きをする。…

※「兎眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兎眼の関連キーワード顔面神経麻痺反回神経麻痺ベル麻痺神経麻痺ベル現象坐骨神経麻痺正中神経麻痺大腿神経麻痺動眼神経麻痺脳神経麻痺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone