コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔面神経麻痺 がんめんしんけいまひfacial palsy; Bell's palsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔面神経麻痺
がんめんしんけいまひ
facial palsy; Bell's palsy

ベル麻痺ともいう。スコットランドの医師ベル C.Bellが初めて記載したためこの名がある。脳出血脳軟化など中枢性病変に起因する場合と,顔面神経核より末梢部の障害で起る場合とがある。当初ベルは末梢性のものをベル麻痺と呼んだが,現在では原因不明の特発性のものに限ってこの名を使うことが多い。末梢性の麻痺では,眼が広く開いて閉鎖が困難となり,強いて閉じようとすれば眼球が上方に回転して白眼が出るベル現象が認められることが多い。このほか,口笛が吹けなくなったり,口角が下垂したり,額にしわがつくれなくなったりする。予後は比較的よく,80%近くが完治する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がんめん‐しんけいまひ【顔面神経麻×痺】

顔面神経の麻痺。脳内の病変による中枢性のものでは顔の下半部に、外傷や耳の疾患などで神経線維が障害されて起こる末梢性のものでは片側に麻痺がみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

顔面神経麻痺【がんめんしんけいまひ】

顔面神経に支配される筋肉の麻痺。中枢性の麻痺は脳出血脳腫瘍(しゅよう)などの脳疾患によるもので顔面下半の麻痺をきたす。末梢性の麻痺は,顔面神経麻痺のみが唯一の症状で,原因は寒冷,リウマチ性,ウイルス感染,外傷,耳疾患などである。
→関連項目ギラン=バレー症候群ペインクリニック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんめんしんけいまひ【顔面神経麻痺 facial palsy】

顔面部の運動をつかさどる顔面筋を支配する顔面神経の障害により顔面筋の運動麻痺を生ずる疾患。最も多いのは,一般にベル麻痺Bell’s palsyと呼ばれる特発性顔面神経麻痺で,突然顔の片側の筋肉に弛緩性の麻痺を生じ,眼を閉じようとしても白眼が残ったり,口の片側が垂れ下がってゆがみ,しまりが悪くなるために食物や唾液がもれたりするようになる。また顔面神経に含まれている味覚の神経繊維や,鼓膜張筋支配神経がおかされるため,舌の片側で味がわからなくなったり,片側の耳が音に過敏になったりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がんめんしんけいまひ【顔面神経麻痺】

顔面の末梢まつしよう神経の麻痺。外傷・中耳炎・リウマチなどが原因で、多くは顔の片側がひきつり表情が動かなくなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顔面神経麻痺
がんめんしんけいまひ

顔面筋の大部分を支配する顔面神経が麻痺した状態で、単独の疾患としてもみられるが、他の脳や脳神経疾患の部分症状としてもおこる。障害された場所により種々の異なった症状を呈するが、中枢性(大脳から脳幹にある顔面神経核に至るまでの障害)と末梢(まっしょう)性(顔面神経核を含め、これより末梢の障害)の麻痺に大別される。中枢性顔面神経麻痺は大脳皮質運動領から顔面神経核の間の障害でおこり、脳出血、脳梗塞(こうそく)、脳腫瘍(しゅよう)などが原因となる。顔面の下半分のみの麻痺にとどまり、程度も比較的軽い場合が多い。大脳皮質や内包の一側障害では情緒運動や連合運動にはほとんど障害はない。随意運動が麻痺して情緒運動が侵されないものを自発性運動麻痺という。顔面上半分に麻痺がおこらないのは、上半部が両側性支配であるためである。なお、視床やレンズ核の障害では随意運動は維持され、情緒運動が障害される。これを情緒性運動麻痺emotional palsyという(擬似顔面神経麻痺)。末梢性顔面神経麻痺は、顔面神経核またはそれより末梢の顔面神経の障害によって生じる。多くは寒冷に長時間さらされたりしておこる原因不明のベル麻痺であり、ほかに外傷や腫瘍をはじめ、ウイルス性やリウマチ性のものもある。典型的な場合には、額のしわが消失し、閉眼が不十分となり、白眼となり、閉眼しようとすると眼球が上方へ回転するベル現象がみられ、口の片端(口角)が下垂して口笛が吹けず、食物も麻痺側の口角からこぼれたりする。また、パ行音の発音障害、低音聴力過敏や流涙、唾液(だえき)分泌異常のほか、舌の前方3分の2の味覚障害を伴うこともある。顔面神経知覚枝障害として、膝神経節または鼓索神経の障害による膝神経痛(ラムゼイ・ハントRamsay Hunt症候群)は膝神経節の帯状ヘルペス感染によるもので、(1)末梢性顔面神経麻痺、(2)舌の前3分の2の味覚障害、(3)聴覚の過敏、(4)唾液、涙腺分泌減少、(5)耳介後部、外耳道の疼痛(とうつう)、(6)鼓膜、外耳道、耳介後部にヘルペスを示す、などの症状がみられる。顔面神経分泌枝障害(Sjogren症候群)は涙、唾液、粘液分泌の低下により、角結膜炎や口腔(こうくう)、上気道の乾燥をきたす症候群である。
 治療としては、原因疾患がある場合はその治療が中心となるが、一般に対症療法としてビタミンB1やステロイド剤などの薬物療法に、温熱、マッサージ、電気刺激などの理学療法が併用される。症状が一過性の場合は予後良好であるが、難治性の場合、とくに顔面神経が外傷や脳神経手術に伴って切断されたようなとき(脳腫瘍手術などで、やむなく切断せざるをえないことがある)には、他の神経との吻合(ふんごう)術なども行われる。[加川瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の顔面神経麻痺の言及

【橋】より

…すなわち,顔面の表情筋を収縮させて感情を表現する働きのほか,眼瞼(まぶた)を閉じるとか,くちびるを動かして言葉を発音する働きを行う。この顔面神経の傷害された状態を顔面神経麻痺と呼ぶ。また橋からは中間神経と呼ぶ神経が出て,顔面神経といっしょに走る。…

※「顔面神経麻痺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顔面神経麻痺の関連キーワードベル(Sir Charles Bell)メルカーソン=ローゼンタール症候群日本顔面神経研究会糖尿病性神経障害ヘルペスウイルス真珠腫性中耳炎神経ブロックハント症候群末梢神経麻痺神経耳科学味覚減退症乳様突起炎口腔外科学聴神経腫瘍鼓索神経分娩麻痺味覚障害中耳炎表情筋兎眼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顔面神経麻痺の関連情報