角膜潰瘍(読み)かくまくかいよう(英語表記)corneal ulcer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角膜潰瘍
かくまくかいよう
corneal ulcer

角膜の欠損が上皮層のみならず,さらに深部角膜実質にまで及んでいるもの。非感染性のカタル性角膜潰瘍,細菌感染による匐行性角膜潰瘍,ヘルペスウイルスによる樹枝状角膜潰瘍,原因不明の蚕食性角膜潰瘍などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

角膜潰瘍【かくまくかいよう】

外傷,角膜炎,角膜軟化などによる角膜組織の潰瘍。匐行(ふっこう)性角膜潰瘍は,小さい傷からの化膿菌感染によるもので,俗に突き目という。麻痺(まひ)性や兎眼(とがん)性の角膜炎,ビタミンA欠乏の乳幼児に起こる角膜軟化などによる潰瘍は,初めの非化膿性から化膿性に転じ,進行すると角膜を穿孔(せんこう)する。蚕食性角膜潰瘍は周辺から中央に進行する慢性の潰瘍で,原因は不明であるが老人に多い。その他,フリクテンなどでも潰瘍を生じることがあるが,一般に軽度である。治ったあとには,角膜混濁が残ることがある。
→関連項目角膜炎盲人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

かくまくかいよう【角膜潰瘍 (Corneal Ulcer)】

 角膜(黒目(くろめ))が傷ついたり、抵抗力が弱まって病原微生物に感染して、角膜表面が削れ、さらに深くえぐれて灰白色濁り(潰瘍)が生じてくるものです。感染によるものと、感染以外の原因でおこるものとがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

かくまくかいよう【角膜潰瘍】

外傷・細菌感染・ビタミン A 欠乏・アレルギーなどによって起こる角膜の潰瘍。進行すると失明する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角膜潰瘍
かくまくかいよう

角膜にウイルスや細菌が感染し、角膜の組織が表面から欠損していく疾患をいう。原因としてはウイルスや細菌が多く、まれに真菌(カビ)によることもある。症状は異物感、疼痛(とうつう)、結膜の充血、流涙、さらに視力が低下する。進行すると前房中に膿(うみ)がたまり、眼球全体の炎症へと進行して失明することもある。治療には、原因となった病原体を早く発見し、早期治療を開始することで、角膜混濁が残ってしまった場合には角膜移植などを行う。[中島 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の角膜潰瘍の言及

【角膜】より

…最近はあまりみられない。一般細菌による角膜炎keratitis,さらに角膜潰瘍corneal ulcersは依然として多くみられるが,抗生物質の変遷とともに原因菌も変化し,緑膿菌等グラム陰性菌によるものが増加している。ウイルス疾患としては,単純ヘルペスウイルスによる角膜潰瘍が多くみられる。…

※「角膜潰瘍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角膜潰瘍の関連情報