コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島如水 こじま じょすい

2件 の用語解説(児島如水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島如水 こじま-じょすい

1708-? 江戸時代中期-後期の農学者。
宝永5年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。寛政5年(1793)から「農稼業事」3巻,付録2巻を孫の徳重とともに刊行し,稲の選種法や防虫法などを説いた。経歴に不明な点がおおく,同書の記述の大部分は「農稼業事後編」をあらわした大蔵永常(ながつね)による,とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

児島如水

生年:生没年不詳
江戸後期の農業に大きな影響をおよぼした農書『農稼業事』(1793~1818)の著者。『農稼業事』は上巻,上巻付録,付録,中巻,中巻付録からなり,如水は上巻と上巻付録の著者獣あり,それ以外は如水の孫徳重の著。上巻自序には「湖東(滋賀県湖東地方)八十六翁児島如水書」とあり,付録には「湖東児島徳重於大坂今宮新家(大阪市西成区)薬店記之」と記されているが,両人の出身地,経歴には謎が多い。このことから如水,徳重の名は匿名を意図した偽名とも推測され,叙述の大部分を大蔵永常のものとする仮説もある。同書は稲の選種の重要性を雄穂雌穂説に基づいて説き,稲の乾燥に掛け干しの有効なことを教え,棉栽培法を実際に即して記述し,虫害防除法に論及している。この書で述べられた雄穂雌穂説による採種方法や稲の掛け干しの方法などは,江戸後期の農業に大きな影響を与えた。この書は版を重ね,類本,ダイジェスト版なども数多く出版されている。<参考文献>中田謹介他「『農稼業事』解題」(『日本農書全集』7巻)

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児島如水の関連キーワードEIA後悔回避性ゲーデル山陵志炭俵チュッチェフイブンシーナー及ぼす脂肪の融点沈銓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone