コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵永常 おおくらながつね

8件 の用語解説(大蔵永常の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大蔵永常
おおくらながつね

[生]明和5(1768).豊後,日田
[没]?
江戸時代後期の農学者。通称は徳兵衛,字は孟純,別に亀翁,黄葉園主人などとも称した。代々農業兼商業を営む家に生れる。幼少より学を好んだ。天明の大飢饉を目撃,29歳のとき九州,四国を視察し大坂に出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおくら‐ながつね〔おほくら‐〕【大蔵永常】

[1768~?]江戸後期の農学者。豊後(ぶんご)の人。通称、徳兵衛。農業技術の指導と進歩に貢献した。著「農具便利論」「農家益」「広益国産考」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大蔵永常【おおくらながつね】

江戸後期の農学者。豊後(ぶんご)国日田(ひた)の生れ。各地を遍歴,土地ごとに特色ある農業技術,特にハゼノキサトウキビなど特用作物に関心をもち,見聞した知識をもとに,《農家益》《除蝗(じょこう)録》《農具便利論》《広益国産考(こうえきこくさんこう)》など多数の書を著した。
→関連項目雁爪農書浜松藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵永常 おおくら-ながつね

1768-1861* 江戸時代後期の農学者。
明和5年生まれ。諸国をめぐって農政を研究し,おおくの農書をあらわす。三河(愛知県)田原藩,遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩の物産方となり,換金作物の栽培・販売を説いた。万延元年12月16日死去。93歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。字(あざな)は孟純。通称は亀太夫,徳兵衛。号は亀翁。著作に「広益国産考」「農具便利論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大蔵永常

没年:万延1.12?(1860)
生年:明和5(1768)
江戸後期の農学者。豊後国(大分県)日田の生まれ。幼名は徳兵衛(十九兵衛),ほかに孟純,亀翁,亀太夫,日田喜太夫,受和園主人,黄葉園主人など多くの別名(筆名)がある。宮崎安貞,佐藤信淵と共に明治以前における「日本の三大農学者」といわれる。当時の農学者の多くは農民の出身で,少数が武士であり,特定の土地に定住して,イネを主題とする農書を著した。これに対して永常は日田の町家に生まれ,青年期に郷里を離れて各地を放浪する。長期間定住したのは大坂および江戸という大都市で,旅先での観察および聞き書きを素材に,三十余冊という多数の著作を著し,原稿料を主要な収入源にした。 天保5(1834)年に三河田原藩,弘化1(1844)年浜松藩に召し抱えられたが長続きせず,本領は自由な著述業者であった。イネにはさほど関心を向けず,収穫物を加工して市販する工芸作物を重視し,それらにより農家に現金収入を得させることこそ農民の暮らしを救う最良の手段という信念を貫いた。主な著作に『広益国産考』(1859),『農家益』(1802),『農具便利論』(1817),『除蝗録』(1812)などがある。没年には異説がある。<参考文献>早川孝太郎『大蔵永常』(『早川孝太郎全集』6巻),筑波常治『日本の農書』

(筑波常治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおくらながつね【大蔵永常】

1768(明和5)‐?
江戸後期の代表的農学者。通称は徳兵衛。豊後国日田の農家に生まれ,幼少にして学問に志したが,父に厳禁され,生蠟問屋に奉公に出た。20歳前後に出郷,九州各地を遍歴し,製糖・製紙・琉球藺(い)栽培などの技術を学んだ。1796年(寛政8)大坂に出,苗の取次商として畿内各地を回り,当時の先進的農業技術を見聞した。1825年(文政8)江戸に移ってのちは,農書の著述に専念し,合理的農業技術,とくに特用作物の栽培・加工技術の普及に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおくらながつね【大蔵永常】

1768~?) 江戸後期の農学者。豊後ぶんごの人。各地の農業を見聞し、多くの農書を著して作物の普及に努める。著「広益国産考」「農家益」「農具便利論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大蔵永常
おおくらながつね
(1768―1857?)

江戸後期の農学者。豊後(ぶんご)国日田郡隈町(大分県日田市)生まれ。字(あざな)は孟純、通称を徳兵衛または亀太夫といい、亀翁と号した。祖父は優れたワタ栽培家で、屋号を「綿屋」とよび、綿作のみならず加工を行っていたとみられる。1778年(安永7)祖父の死去に伴い、綿作をやめ、父と彼は親戚(しんせき)の蝋晒(ろうさら)し工場で働いたらしい。向学心が強かったが、父から儒学勉強を止められ、農学研究をするようになった。20歳で故郷を出、九州各地を転々とし、29歳のとき大坂に出、その後7年間、各地の農作を調べ、また橋本宗吉(そうきち)について蘭学(らんがく)も学んだ。1802年(享和2)『農家益(のうかえき)』3巻を刊行、以後、没するまでに80冊あまりの農書を著した。1825年(文政8)江戸に出、その後、渡辺崋山(かざん)の推挙で三河田原藩に、また崋山の死後、水野忠邦(ただくに)の浜松藩に仕え、1847年(弘化4)以降江戸に住んだ。1856年(安政3)多くの友人が集まって彼の長寿(89歳)を祝ったが、以後消息不明である。彼の仕事の集大成『広益国産考』全8巻が出たのは1859年で、それを含め、彼の著作で出版されたものは27部69冊、未刊6部10冊である。それらを内容で分類すると次のようである。
(1)特用作物に関するもの 『農家益』『琉藺百方(りゅうりんひゃっぽう)』『甘蔗大成(かんしゃたいせい)』『綿圃要務(めんぽようむ)』『抄紙必用(しょうしひつよう)』『油菜録』『製葛録(せいかつろく)』『農稼業事』『門田之栄(かどたのさかえ)』『国産考』『広益国産考』
(2)稲作に関するもの 『老農茶話』『豊稼録』および同再板、『再種方(さいしゅほう)』『除蝗録(じょこうろく)』および同後編、『農稼肥培論(のうかひばいろん)
(3)農具に関するもの 『農具便利論』
(4)生活に関するもの 『民家育草(みんかそだてぐさ)』『文章早引(ぶんしょうはやびき)大成』『田家茶話』『日用助食竈賑(かまどのにぎわい)』『徳用食鑑(しょくかがみ)』『農家心得草(こころえぐさ)』『食物能毒集』『勧善夜話(かんぜんやわ)』『山家薬方集』『救荒必覧』
 彼の書が特用作物に詳しく、すべて具体的であることは、育った環境と時代をよく反映している。[福島要一]
『早川孝太郎著『大蔵永常』(1943・山岡書店) ▽筑波常治著『大蔵永常』(1969・国土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大蔵永常の言及

【経世済民論】より

…作為は天道実現に不可欠のもので,具体的には勤労であり,自愛即他愛の立場から自他ともに栄える道を説いた。ほぼ同時代の大蔵永常はリアルな農業技術者として,民に利を得させてはじめて為政者の利となることを主張し,尊徳の稲作中心の増強策に対し商品作物の栽培・加工を重視し,実践指導した。また大原幽学は1838年,日本における農業協同組合の先駆である先祖株組合を4ヵ村に結成させた。…

【広益国産考】より

…江戸後期の農書。著者は同時代の農学者大蔵永常。1859年(安政6)に全8巻が版行された。…

【除蝗録】より

大蔵永常が1826年(文政9)に刊行した農書。日本の凶作の原因が害虫とくにウンカの発生にあるとして,その駆除法を考察し,鯨油をまくことによる効用と使用法を説いた。…

【綿圃要務】より

…江戸後期の農書。大蔵永常著。1833年(天保4)刊。…

【ろうそく(蠟燭)】より

…前期には山城,越後,陸奥の諸国がろうそくの産地として知られたが,ろうそくの普及による需要の激増に伴い,江戸,大坂,京都などの大都市にはこれを取引するろうそく問屋ができ,また各地にろうそくあるいは生蠟の製造を行うものが現れた。当時,熱心にその普及につとめたのは農学者大蔵永常で,その著《農家益》にはハゼノキの栽培と製蠟法が詳しく述べられている。また鳥取,出雲,山口,宇和島の諸藩では,生蠟およびろうそくの専売を行って成功を収めたが,宝暦12年(1762)奥書の稲塚和右衛門《木実方(きのみかた)秘伝書》は,出雲藩木実方役所の創設当時の苦心経営の事情を伝えるものである。…

※「大蔵永常」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大蔵永常の関連キーワード天領日田資料館大分県日田市石井大分県日田市北友田大分県日田市隈大分県大分市国分大分県日田市城町大分県日田市田島大分県日田市淡窓大分県日田市本町大分県日田市丸山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大蔵永常の関連情報