コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入札契約適正化法 ニュウサツケイヤクテキセイカホウ

2件 の用語解説(入札契約適正化法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にゅうさつけいやく‐てきせいかほう〔ニフサツケイヤクテキセイクワハフ〕【入札契約適正化法】

《「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の通称》公共工事の入札契約制度の透明性向上と不正防止を目的として定められた法律。平成13年(2001)施行。適正な入札・契約の基本原則として、透明性の確保・公正な競争の促進・適正な施工の確保・不正行為の排除の徹底を明示し、発注者の義務やガイドラインなどが規定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

入札契約適正化法

建設省を中心にまとめられ、01年4月以降の入札から適用された。工事を発注する各省庁や地方自治体に(1)透明性の確保(2)公平な競争の促進(3)適正な施工の確保(4)不正行為の排除の徹底――を求め、入札・契約に関した情報公開なども義務づけた。また、発注者が取り組むガイドラインとして、一般競争、指名競争など入札・契約方法の改善、入札のIT化推進なども挙げている。

(2009-12-07 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入札契約適正化法の関連キーワード日歩学説統一地方整備局一纏め纏め斐伊川・神戸川治水事業3点セット川辺川ダム問題湊正雄方合

入札契約適正化法の関連情報