コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全日本吹奏楽コンクール ぜんにほんすいそうがくこんくーるAll Japan Band Competition

2件 の用語解説(全日本吹奏楽コンクールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

全日本吹奏楽コンクール

アマチュアを対象とした日本最大規模の吹奏楽コンクール。主催は、社団法人全日本吹奏楽連盟(1939年設立)と朝日新聞社。1940年に第1回大会が行われ、以降、戦中戦後に一時中断したが56年に再開、2012年大会で60回目となった。中学、高校、大学、職場・一般の4部門で競われ、12年度は1万607団体が参加、うち中学6661団体(62.8パーセント)、高校3200団体(30.2パーセント)であり、毎年中高生がほとんどを占めるため「吹奏楽の甲子園」ともいわれる。全国大会に出場できるのは、計97団体(中学29、高校29、大学13、職場・一般26)。それぞれの大会で、12分以内に課題曲・自由曲の2曲を演奏する決まり。13年度から審査の評価方法が変更された。

(2013-12-9)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全日本吹奏楽コンクール

1940年に始まった国内最大級の吹奏楽コンクール。約1万団体から選ばれた96団体が出場。中学50人、高校と大学55人、職場・一般65人以内の編成で演奏される。中学、高校の小編成と小学校が対象になるのは東日本学校吹奏楽大会。今年は12、13日に富山市で13回大会が行われた。

(2013-10-16 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全日本吹奏楽コンクールの関連情報