コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全磁力 ぜんじりょくtotal force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全磁力
ぜんじりょく
total force

地磁気の強さを表わす言葉。地磁気の3要素の一つ。地球磁場を水平方向,鉛直方向成分に分解した場合,これらの成分のベクトルの絶対値が全磁力である。現在の東京付近での全磁力は 0.46ガウス (G) であるが,地磁気の永年変化によって,この値も時代とともに変ることが知られている。地球全体として全磁力は現在減少しつつあることが知られており,現在より 1500年前には地球平均で約 1.5倍全磁力が強かったと推定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全磁力の関連キーワード地磁気の3要素海の基本図地磁気測量等磁力線磁気図

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全磁力の関連情報