コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永年変化 えいねんへんか

大辞林 第三版の解説

えいねんへんか【永年変化】

主として地学的現象における観測値が、数十年以上にわたり、徐々に増加もしくは減少の同一傾向が持続して現れること。特に、地磁気の変化をさすことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永年変化
えいねんへんか
secular variation

さまざまな地学現象の観測値が、長年の間にゆっくりと変化していくこと。季節変化、年周変化などのように、1年から数年程度の周期性をもつ現象は含まれず、永年変化という場合には周期は普通数十年以上、数万年程度までのものをいうことが多い。氷河の後退に伴う海面の上昇や、大気中の炭酸ガスの増加などは数百年以上の時定数をもつ永年変化の例である。ただし、単に永年変化というときには、地磁気の各種の変動のうち数百年から数万年にわたるものをさすことが多い。たとえば、ロンドンやパリでは、地磁気の方向の実測値は1600年ごろから知られていて、1800年ごろからはその連続観測の記録があり、それによると伏角、偏角ともにゆっくり変わっており、500年ぐらいの時定数をもつ変動が想像される。ほかにも地磁気の西方移動(周期約2000年)、強度変化(約1万年)などの現象が古地磁気学の研究から知られている。[河野 長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永年変化の関連キーワード熱残留磁気年代測定法ブリュックナー周期天文学史(年表)固有運動[恒星]地球電磁気学ダイナモ説古水温永田武全磁力減少

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android