コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八反取り はったんどり

世界大百科事典 第2版の解説

はったんどり【八反取り】

水田の除草用具。10~15cm×20~30cmの板に,5cm程度のを多数打ち付けて通し,この板に柄を取り付けたもので,柄をもってイネの条間を前後に動かしながら進んでいく。釘で土をひっかき除草する。釘の代りにナイフ状のものを植え込んだものもあり,地方によりさまざまな形があった。この名称は,1日に8反(約80a)の除草ができるというものではなく,それまでの〈がんづめ(雁爪)〉による作業にくらべ,ひじょうに能率があがるという意味である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

八反取りの関連キーワード丹波市産の竜脚類松葉杏琉イブキヌカボクロヅルシノブ(忍)ナラタケヨルガオ(夜顔)阿賀野型軽巡洋艦アカモミタケ(赤樅茸)オオワライタケ(大笑茸)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android