コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八反取り はったんどり

1件 の用語解説(八反取りの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はったんどり【八反取り】

水田の除草用具。10~15cm×20~30cmの板に,5cm程度の釘を多数打ち付けて通し,この板に柄を取り付けたもので,柄をもってイネの条間を前後に動かしながら進んでいく。釘で土をひっかき除草する。釘の代りにナイフ状のものを植え込んだものもあり,地方によりさまざまな形があった。この名称は,1日に8反(約80a)の除草ができるというものではなく,それまでの〈がんづめ(雁爪)〉による作業にくらべ,ひじょうに能率があがるという意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八反取りの関連キーワード雁爪除草剤スノードロップ秋の除目春の除目除草器代掻き溝繁縷ピニェの公式次世代自動車

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone