コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八反取り はったんどり

世界大百科事典 第2版の解説

はったんどり【八反取り】

水田の除草用具。10~15cm×20~30cmの板に,5cm程度の釘を多数打ち付けて通し,この板に柄を取り付けたもので,柄をもってイネの条間を前後に動かしながら進んでいく。釘で土をひっかき除草する。釘の代りにナイフ状のものを植え込んだものもあり,地方によりさまざまな形があった。この名称は,1日に8反(約80a)の除草ができるというものではなく,それまでの〈がんづめ(雁爪)〉による作業にくらべ,ひじょうに能率があがるという意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八反取りの関連キーワード丹波市産の竜脚類松葉杏琉輸入冷凍エビの価格高騰アカニシアゼムシロアーティチョークアフリカマイマイアメフラシアルメリアアンゴラウサギ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone