通し(読み)トオシ

デジタル大辞泉「通し」の解説

とおし〔とほし〕【通し】

はじめから終わりまで切れ目なく続いていること。また、切れ目がなく、一続きになっていること。「閉店まで通しで働く」
途中で乗り換えたり宿泊したりしないで目的地まで直行すること。
料理屋で注文の料理の前に出す、のさかなとしての簡単な料理。突き出し。おとおし。とおしもの。
通し狂言」の略。「四谷怪談通しで上演する」

どおし〔どほし〕【通し】

[語素]動詞の連用形に付いて、その動作状態が続くを表す。「働き通し」「座り通し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android