雁爪(読み)がんづめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雁爪
がんづめ

熊手状の鉄に 15cmぐらいのをつけた水田中耕用具。がんの爪に似ていることからこの名がある。おもに稲株間の土をかき起すのに用いるが,操作の姿勢にきわめて無理があり非能率的なため近年は使用されなくなった。草取りや,鉱石をかき集める用具として使われることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がん‐づめ【×雁爪】

《形がの爪に似るところから》
3~5本の内側に曲がった鉄製の爪のついた農具。除草などに用いる。
鉱石・石炭などをかき集めるのに用いる道具1に似るが、爪は曲がっていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雁爪【がんづめ】

水田中耕除草農具の一つ。大蔵永常の《農具便利論》(1822年)に,〈田の一ばん草二ばん草をとるに専ら用いる〉とあるのが文献上の初見。形状は熊手様の爪を直角に曲げ,15cmくらいの短い柄をつける。明治以後全国に普及したが,水田中耕除草機の出現で用いられなくなった。→農具
→関連項目中耕

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんづめ【雁爪】

熊手,田熊手などとも呼ばれる。備中ぐわの柄を短くしたような水田の中耕用農具。これによる作業をがんづめ打ちという。つめは4本前後で,付け根付近で曲げられており,このつめと基部および柄への取付け部とも厚手の平鉄で一体に作られたものが多い。柄の長さは15cm程度である。この柄をつかみ,しゃがんだ姿勢で株間の土を打ち除草するが,同時に土がかくはんされることによって土中に空気を入れ,あるいは根を切って過繁茂になった株の生長を抑制したり,新根の発根を促す効果がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がんづめ【雁爪】

〔形が雁の爪に似ることから〕
農具の一。歯が三、四本に分かれ、内側に曲がっている鍬くわ。短い柄をつけて田の株間の打ち返しや、除草に用いる。蟹爪かにづめ
鉱石・石炭などをかき寄せるのに用いる具。に似るが歯は曲がっていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雁爪の言及

【中耕】より

…一般に中耕は集約的農業で実施されるもので,中耕の効果の著しくあらわれる作物は中耕作物,耨耕(じよつこう)作物などと呼ばれる。 日本の水田では,江戸時代から腰を曲げて雁爪(がんづめ)(刃が3~5本に分かれた小型のくわ)を田面に打ち込む中耕が行われ,明治末以降は水田の中を固定爪や回転爪を押して表土をかくはんする中耕除草機が普及してきたが,中耕は夏季の最大の重労働となっていた。水田における中耕の効果については,雑草防除のほかに,地温の上昇,土中への酸素の導入,土中の有害ガスの除去,土中の有機態窒素の無機化,一時的断根による新根発生の促進などが,水稲の生育に良い結果をもたらすとの説が唱えられていた。…

※「雁爪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android