田打車(読み)たうちぐるま

百科事典マイペディアの解説

田打車【たうちぐるま】

で使う除草機の一種。畦間(あぜま)の土壌を爪(つめ)のついた車で起こすので除草とともに中耕(ちゅうこう)を兼ねる。
→関連項目中耕農具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たうちぐるま【田打車】

水田の除草用具。短いつめを多数取り付けた自由転動する回転軸を2~3本,15cm×20~30cmのわくに組みこんだもの。イネの条間に置き,前後に動かしながら進んでゆくと,つめが転動して水田の土をかきまわし草をとる。立った姿勢で作業できるよう柄が付けられている。田を打つとは本来,田の耕起を意味するのであるが,ここではつめで田をひっかくくらいの意味である。なお,これは明治中期に鳥取中井太一郎により発明されその名をとって〈太一車〉と呼ばれ,これがなまって田打車になったとしている書物もあるが,同様なくふうは各地で明治初年からなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報