コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八瓜入日子王 やつりいりひこのおう

1件 の用語解説(八瓜入日子王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八瓜入日子王 やつりいりひこのおう

古代伝承上の豪族。
開化天皇の孫。「古事記」によれば,日子坐(ひこいますの)王と息長水依比売(おきながのみずよりひめ)の子。三野(みの)(美濃)の本巣国造(もとすのくにのみやつこ)である長幡部(ながはたべ)氏の祖。娘ふたり景行天皇の皇子大碓命(おおうすのみこと)(大碓皇子)と密通した。「日本書紀」には,名は神骨(かむぼね),美濃国造とある。神大根(かむおおねの)王ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

八瓜入日子王の関連キーワード阿曇百足阿保意保賀斯鬱色雄命兄太加奈志国摩侶塩乗津彦浦東君御諸別命物部小前

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone