コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八衢比売神 やちまたひめのかみ

1件 の用語解説(八衢比売神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八衢比売神 やちまたひめのかみ

古代伝承上の神。
集落や道の要所にすわり,八衢比古神(やちまたひこのかみ)とともに邪神・悪霊の侵入をふせぐ。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が檍原(あわきがはら)で禊(みそぎ)をしたときに生まれた道俣神(ちまたのかみ)は,この両神をさしているともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

八衢比売神の関連キーワード宿場阿曇百足五馬媛伊予皇子兄媛(2)国摩侶塩乗津彦曾能目別命七掬脛神部忍