コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八郎太郎 はちろうたろう

2件 の用語解説(八郎太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八郎太郎 はちろうたろう

秋田県の湖沼伝説の登場人物
鹿角(かづの)の若者。仲間の掟(おきて)をやぶって3尾のイワナひとりでたべたためのどがかわき,川の水をのみつづけているうちに大蛇となり,十和田湖をつくって主(ぬし)となる。のち紀伊(きい)熊野の僧南祖坊に追われ,八郎潟をつくってすみかとした。田沢湖の辰子(たつこ)姫のもとにかよい,冬はいっしょにすんだという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

八郎太郎

秋田県男鹿半島の八郎潟の主とされる伝説の人物。八郎太郎は,幼少のころより強力の持ち主で,山中で水を汲んでいるとき,3尾の岩魚を食べたが,のどがしきりに渇くので谷川の水をせきとめて7日7夜,水を飲みつづけているうちに,気がつくと大きな湖ができ,自分は大蛇になっていた。これが十和田湖で,八郎太郎ははじめその主であった。ところが訪れた熊野の僧南祖坊が,八郎太郎に術を仕かけ,争った結果,八郎太郎は敗れて八郎潟に逃げこの湖の主になる。のちにかつての恋人であった辰子が田沢湖の主になっていることを知り,田沢湖へ通う。今でも,秋の彼岸から翌春の彼岸まで,八郎太郎は田沢湖に行って冬籠りをしていると伝えている。

(宮田登)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八郎太郎の言及

【巨人】より

…それが信仰の衰微とともに,さまざまな伝説となって各地に伝えられている。奥羽の八郎太郎は大蛇に化したという話以外に,巨人として山を削ったり,川をせき止めたりしたという話もある。栃木県のデイデンギメという巨人は,羽黒山に腰掛けて鬼怒川で足を洗ったという。…

※「八郎太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八郎太郎の関連キーワード男鹿半島海食崖八郎潟男鹿つぐら戸賀湾ナマハゲ八郎太郎伝説小畑勇二郎高桑与四郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八郎太郎の関連情報