コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八郎潟 はちろうがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八郎潟
はちろうがた

秋田県西部,男鹿半島基部にある潟湖で,男鹿半島とこれをつなぐ2つの砂州によって囲まれた海跡湖。かつては面積 223.2km2,周囲 78km,最大水深 4.7mで,琵琶湖に次ぐ日本第2の湖であった。ボラ,シラウオ,ワカサギ,フナ,ハゼなどの淡水,海水魚が生息し,漁業が盛んであった。早くから干拓の計画が立てられていたが,農林省がオランダと技術提携し,1957年国営事業として着工。潟の約4分の3を干拓し,中央部 156.70km2,周辺部 15.60km2を農地,残りの南部水面を調整池とし,東部承水路,西部承水路により中央干拓地を囲むという大規模な工事であったが,64年工事は完了し,中央干拓地に大潟村が発足した。大農法による日本農業のモデルを形成している。干拓後は面積 27.7km2,周囲 35km,最大水深 12mである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はちろう‐がた〔ハチラウ‐〕【八郎潟】

秋田県北西部、男鹿(おが)半島の基部にある海跡湖。かつては日本第2の大湖であったが、昭和32年(1957)からの干拓により耕地化し、昭和39年(1964)大潟(おおがた)村がつくられ、面積の約2割が調節池として残る。
千葉治平の著作。昭和47年(1972)刊。副題「ある大干拓の記録」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

八郎潟【はちろうがた】

秋田県西部,男鹿半島基部にある潟湖。面積221.7km2の日本第2の大湖であった。古代・中世には〈方〉〈秋田大方〉,近世前後には船越潟とみえるが,《東遊雑記》には八郎沼とあり,八郎太郎伝説に関連する呼称という。
→関連項目秋田[県]井川[町]干拓五城目[町]琴丘[町]昭和[町]天王[町]八竜[町]八郎潟[町]若美[町]渡部斧松

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちろうがた【八郎潟】

秋田県西部,男鹿半島東部の潟湖。干拓前は面積220km2,最大水深4.7m,流域面積669km2の半鹹(はんかん)湖で,琵琶湖に次ぐ日本第2の湖であった。1957年以降の国営干拓事業により,現在の水域は八郎潟調整池と東西両承水路に限られ,面積48km2の淡水湖に変わった。南西端から日本海に通じる船越水道には防潮水門が設けられている。八郎潟は,縄文晩期の海進期には太平山地男鹿島間の水道であったが,その後,雄物・米代両川の流出土砂などで両者が結ばれ,陸繫(りくけい)島になったため生じた海跡湖である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はちろうがた【八郎潟】

秋田県西部、男鹿半島の基部にあった潟湖せきこ。琵琶湖に次ぐ大湖だったが約八割が干拓され、大潟村となる。大規模機械化農業が行われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八郎潟の言及

【大潟[村]】より

…秋田県西部,八郎潟干拓により1964年に誕生した南秋田郡の村。村名は八郎潟の古名にちなむ。…

【八竜[町]】より

…秋田県北西部,八郎潟北部に位置する山本郡の町。人口7739(1995)。…

※「八郎潟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八郎潟の関連情報