コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田沢湖 たざわこ

8件 の用語解説(田沢湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田沢湖
たざわこ

秋田県東部,仙北市のほぼ東半分を占める旧町域。田沢湖の東側に位置し,東は岩手県に接する。 1956年生保内町と神代村,田沢村の2村が合体して田沢湖町が発足。 2005年角館町,西木村と合体して仙北市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

田沢湖
たざわこ

秋田県東部,奥羽山脈にある湖。仙北市のほぼ中央に位置する。那須火山帯系の火山の陥没によって生じたカルデラ湖。面積 25.8km2。周囲 20km,水面標高 249m。最大水深 423mで深さは日本第1位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

田沢湖

水深423・4メートルで、面積は25・8平方キロメートル。湖面標高は249メートルで、20キロある周囲を標高400~700メートル台の外輪山が取り囲んでいる。クニマスは田沢湖にのみ生息していたが、水質の悪化で死滅。山梨県・西湖で2010年、田沢湖からのクニマスが約70年ぶりに見つかったのを機に、復活を目指す動きが活発化している。

(2015-11-03 朝日新聞 朝刊 宮城全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たざわ‐こ〔たざは‐〕【田沢湖】

秋田県中東部にあるカルデラ湖。面積25.5平方キロメートル。最大深度は423.4メートルで日本第1位。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田沢湖【たざわこ】

秋田県東部にある円形のカルデラ湖。標高249m,面積25.75km2,最深423.4m(日本1位)。濃藍色で透明度7.2m。急な側壁と平たんな湖底からなる桶(おけ)状の湖盆形態を呈し,流入河川はないが,1940年以来発電の目的で強酸性の玉川の水が導入されたため,水位,水質の変化が著しい。
→関連項目カルデラ湖田沢湖[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たざわこ【田沢湖】

秋田県東部の陥没カルデラ湖。ほぼ円形をなし,直径約6km,周囲20km,面積25.5km2,水面の標高は249m。最大深度の423.4mは日本一。東岸の春山付近は遠浅の砂浜であるが,北岸の御座の石直下は高さ25mに達する断崖である。一般に湖岸から1km前後で深度400mに達し,急に深まるが,湖盆中央は広い平たん面で,湖底南西端に水深29mの辰子堆,中央部北西に水深253mの振興堆の小丘があり,後者は火口丘といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たざわこ【田沢湖】

秋田県中東部、海抜249メートルの奥羽山脈中にあるカルデラ湖。水深は423.4メートルで日本一、透明度は摩周湖に次ぐ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕田沢湖(たざわこ)


秋田県東部にある湖。奥羽(おうう)山脈の西麓(せいろく)に位置する。面積25.8km2。最大水深は423.4mで日本一。西岸の潟尻(かたじり)付近から導水トンネルで潟尻川に排水される。1940年(昭和15)、毒水で知られる玉(たま)川からの導水により湖は酸性化し、クニマス・ヒメマスなどの魚類が絶滅した。周辺には湖水を利用した発電所・製材所などが多い。東岸の大森鼻(おおもりはな)近くに県民の森、西岸の潟尻に湖のシンボルの辰子(たつこ)姫像が立つ。湖を一周する有料道路や遊覧船がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田沢湖の関連キーワード奥羽地方奥羽奥羽太田ロードレース大会太陽の花秋田県秋田市泉中央秋田県能代市扇田秋田県仙北郡秋田県秋田市手形秋田県秋田市浜田秋田県大館市山田

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田沢湖の関連情報