八重歯(読み)ヤエバ

精選版 日本国語大辞典の解説

やえ‐ば やへ‥【八重歯】

〘名〙 普通に並んでいる歯のわきに、別に重なるように生える歯。そいば。鬼歯。
※俳諧・昼礫(1695)「花嫁の重(ヤヘ)歯隠すも一化粧」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八重歯の言及

【歯】より

…乳歯列には歯間空隙(くうげき)がみられるものが多いのが特徴である。歯並びの悪い歯列不正には,乱ぐい歯や八重歯のような叢生(そうせい),永久歯列の有隙歯列や鞍(くら)状歯列など形の異常がある。 咬合とは上下の歯の接触関係をいう(図8)が,上あごに対し下あごが最も安定し,緊密な咬合関係がえられたときの状態を中心咬合という。…

※「八重歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android