歯列不正(読み)しれつふせい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歯列不正
しれつふせい

歯列が、歯数の過剰や不足、個々の歯の萌出(ほうしゅつ)位置や方向の異常によって、正常な形から著しく逸脱している状態をいう。代表的なものとして、狭窄(きょうさく)歯列弓(臼歯(きゅうし)部が舌側に転位して、あごが左右から押しつぶされたようになっているもの)、V形歯列弓(前歯が唇側に突出し歯列弓が全体としてV字形になるもの)、鞍(くら)形歯列弓(小臼歯だけが舌側に転移して、歯列弓が小臼歯部でくびれているもの)のほか、叢生(そうせい)(いわゆる乱ぐい歯)、上顎(じょうがく)犬歯の低位唇側転位(いわゆる八重歯)などがある。治療は、歯列矯正によって行われる。[市丸展子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歯列不正の言及

【歯列矯正】より

…歯並びの異常すなわち歯列不正を治すことを歯列矯正という。歯列不正がある場合は,かみ合せ(咬合)の異常を伴っていることが多く,咬合全体の調和を考えて治療を進める必要がある。…

※「歯列不正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android