八釣白彦皇子(読み)やつりのしろひこのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「八釣白彦皇子」の解説

八釣白彦皇子 やつりのしろひこのおうじ

記・にみえる皇子
允恭(いんぎょう)天皇忍坂大中姫(おしさかのおおなかひめ)の子。同母兄に安康天皇,同母弟に雄略天皇がいる。「日本書紀」によれば,安康天皇3年天皇が眉輪(まよわの)王に殺されたとき,疑いをうけ,大泊瀬幼武(おおはつせのわかたけの)皇子(雄略天皇)にきり殺された。「古事記」には八瓜之白日子王とあり,小治田(おはりだ)(奈良県明日香村)で生き埋めにされたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android