八釣白彦皇子(読み)やつりのしろひこのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八釣白彦皇子 やつりのしろひこのおうじ

記・紀にみえる皇子
允恭(いんぎょう)天皇と忍坂大中姫(おしさかのおおなかひめ)の子。同母兄に安康天皇,同母弟に雄略天皇がいる。「日本書紀」によれば,安康天皇3年天皇が眉輪(まよわの)王に殺されたとき,疑いをうけ,大泊瀬幼武(おおはつせのわかたけの)皇子(雄略天皇)にきり殺された。「古事記」には八瓜之白日子王とあり,小治田(おはりだ)(奈良県明日香村)で生き埋めにされたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android