コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八雲立つ ヤクモタツ

デジタル大辞泉の解説

やくも‐たつ【八雲立つ】

[枕]雲が盛んに立ちのぼる意から、「出雲(いづも)」にかかる。
「―出雲建(たける)が佩(は)ける太刀」〈崇神紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

八雲立つ

樹なつみによる漫画作品。シャーマンの家系に生れた青年と刀鍛治師の末裔に生れた青年が7本の神剣を探して出雲の怨念に立ち向かう物語。『LaLa』1992年7月号~2002年9月号に連載。白泉社花とゆめコミックス全19巻。第21回(1997年度)講談社漫画賞 少女部門受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

やくもたつ【八雲立つ】

( 枕詞 )
多くの雲が立ちのぼる意から、地名「出雲」にかかる。 「 -出雲八重垣/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八雲立つの関連キーワード島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館夫籠み・妻籠み・夫篭み・妻篭み夫籠め・妻籠め・夫篭め・妻篭めサルガ鼻洞窟住居跡島根県松江市大庭町出雲国山代郷遺跡群権現山洞窟住居跡島根県松江市出雲国分寺跡松江(市)出雲国府跡八雲(町)岡田山古墳太刀・大刀国引き神話素戔嗚尊八重垣八雲塗八雲枕詞

八雲立つの関連情報