神剣(読み)シンケン

大辞林 第三版の解説

しんけん【神剣】

神から授かった剣。神に供える剣。
三種の神器の一、草薙くさなぎの剣つるぎのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神剣の言及

【武器】より

…それは,刀を武士の魂としたかつての日本の考え方と通じるといえる。さらに,西ヨーロッパから日本にまたがって見いだされた神剣や剣崇拝も,鉄や金属という素材との関連が濃厚とはいえ,聖性を武器に与える慣習として考えることができる。甲冑日本刀兵器弓矢【大貫 良夫】。…

※「神剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android