怨念(読み)おんねん

精選版 日本国語大辞典「怨念」の解説

おん‐ねん ヲン‥【怨念】

〘名〙 うらみに思う気持。うらみの思い。
※保元(1220頃か)下「此の君、によって、いきながら天狗のすがたにならせ給ひけるが」
浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)五「無実の罪に沈み、心筑紫に果給ふ、其怨念(オンネン)は晴やらぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の怨念の言及

【祟り】より

…また今日の新宗教運動の多くが,現在の不幸や病気の原因を先祖の霊の祟りの作用であると説明し,その祟りの消除のため先祖供養を勧めているのも,古くからの祟り信仰に基礎をおいたものということができるであろう。 以上述べてきた祟り現象の諸相は,要するに特定の人間の執念や怨念が凝りかたまって呪詛霊となり,それに感染することによって異常現象が発生するというものであるが,これはある意味でニーチェのいう〈ルサンティマン(怨恨感情)〉の発現と類似している。かつてニーチェは,原始キリスト教の成立とフランス革命の発生の心理的動機を,社会の水平化現象をひきおこすルサンティマンによって説明しようとした。…

※「怨念」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android