コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八鹿踊 やつしかおどり

世界大百科事典 第2版の解説

やつしかおどり【八鹿踊】

民俗芸能。鹿踊(ししおどり)の一種。愛媛県宇和島市,東宇和郡,北宇和郡,喜多郡などに分布する一人立ちの8頭の鹿による風流系の獅子舞。伝承地では〈ししまい〉〈デンデコ〉などと呼ぶ。江戸初期,宇和島藩主伊達秀宗が仙台地方の鹿踊を伝えたものといい,宇和津彦神社の祭礼(10月28,29日),和霊(われい)神社の祭礼(7月23,24日),三滝神社(東宇和郡)の祭礼(4月17日)などに踊られる。踊り手の人数によって五鹿踊(いつしかおどり),六鹿踊(むつしかおどり),四鹿踊(よつしかおどり)などとも呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android