コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公契約条例

1件 の用語解説(公契約条例の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公契約条例

自治体などが発注する業務で働く労働者が低賃金しか支払われない「官製ワーキングプア」の解消をめざし、自治体と契約する事業者に一定額以上の賃金の支払いを求める条例。2009年に千葉県野田市が制定して以来、首都圏の8市区で導入している。札幌市が制定をめざした条例案は、予定価格5億円以上の公共工事や清掃・警備の事業者、指定管理者が対象。工事費の積算のために用いる労務単価などを基準に、審議会の意見を聴いて市長が下限額を定める内容だった。

(2013-11-03 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公契約条例の関連キーワード派遣労働工員アンダーライター業務官製ワーキングプアー電子入札請負労働者予定価格上脇浜子うた持目手子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公契約条例の関連情報