業務委託(読み)ぎょうむいたく(英語表記)outsourcing

翻訳|outsourcing

図書館情報学用語辞典 第5版「業務委託」の解説

業務委託

組織内部で行っていた業務を外部に任せること.一般に,外注は含まれるが,派遣労働者による業務処理は除く.委託する業務は,資料受入,目録作成,レファレンス貸出返却,製本業務など多岐にわたり,委託範囲も部分委託から全面委託まで多様化している.公共図書館では,住民サービス向上と行政コスト削減の観点から,指定管理者制度の導入が検討されている.大学図書館では,コスト削減や開館時間延長などへの対応から,業務委託が進行している.近年,企業図書館でも,競争優位をもたらすとなる業務に特化するため,委託が行われる傾向にある.委託にあたっては,業務知識やノウハウの流出防止に配慮する必要がある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉「業務委託」の解説

ぎょうむ‐いたく〔ゲフムヰタク〕【業務委託】

当事者一方が、ある一定の仕事を相手方に依頼し、相手方が自己裁量責任においてその仕事を行うこと。受託者はその社会的立場に応じて通常期待される程度の注意を払うことが求められる。→善管注意義務業務請負
個人が企業等から、労働契約以外の役務提供契約により委託を受け、自営形態で業務を行い、報酬を受け取ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android