コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六下り ろくさがり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六下り
ろくさがり

日本音楽の用語で,三味線調弦名。一と二のが完全4度,二と三の糸が長2度となり,一と三の糸が完全5度となるので,本調子二上りとを混合したような調弦となる。絶対音高は決められておらず,三下りの三の糸を短3度 (一音半) 下げたり,本調子の三の糸を完全4度下げたりしても得られる。地歌の『茶の湯音頭』 (菊岡検校作曲) などに用いられたのが最も古いとされ,長唄新曲浦島』などにも用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろく‐さがり【六下り】

三味線の調弦法の一。本調子の第3弦を三下りよりさらに短3度下げた特殊な調弦。三メリ。三三下り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

六下りの関連キーワード茶音頭

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六下りの関連情報