コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六弗化ウラン ロクフッカウラン

デジタル大辞泉の解説

ろくふっか‐ウラン〔ロクフツクワ‐〕【六×弗化ウラン】

ウランと弗素(ふっそ)の化合物。常温で白色の固体。セ氏約56.5度で昇華する。空気中の水分と反応して弗化水素を発生する。ガス状の六弗化ウランはガス拡散法ガス遠心分離法を経て濃縮ウランになる。化学式UF6

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

六弗化ウランの関連キーワードウラン加工施設ウラン転換

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android