コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六弗化ウラン ロクフッカウラン

デジタル大辞泉の解説

ろくふっか‐ウラン〔ロクフツクワ‐〕【六×弗化ウラン】

ウランと弗素(ふっそ)の化合物。常温で白色の固体。セ氏約56.5度で昇華する。空気中の水分と反応して弗化水素を発生する。ガス状の六弗化ウランはガス拡散法ガス遠心分離法を経て濃縮ウランになる。化学式UF6

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

六弗化ウランの関連キーワードウラン加工施設ウラン転換

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android