コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弗化水素 フッカスイソ

デジタル大辞泉の解説

ふっか‐すいそ〔フツクワ‐〕【×弗化水素】

水素弗素化合物。発煙性の無色の液体または気体。刺激性があり、有毒。水に溶けて弗化水素酸となり、ガラスを腐食するので、ガラス器具の目盛り付けなどに利用。化学式HF

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふっかすいそ【弗化水素】

常温で無色、発煙性で刺激臭のある気体。化学式 HF 沸点摂氏19.5度。水に溶けやすく、水溶液は弱酸性を示し、フッ化水素酸という。気体・水溶液ともに反応性が大きく、またガラスやケイ酸塩を侵すのでガラスの模様付けに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弗化水素の関連キーワードフッ化水素酸六弗化ウラン弗化リチウムウラン転換ケイ酸塩刺激臭水溶液弗酸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android