コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六矣廛 ろくいてん

1件 の用語解説(六矣廛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろくいてん【六矣廛】

朝鮮の李朝時代,ソウルに存在していた特権的な御用商人たる廛人の中で特に規模の大きかった6種の商店。〈りくいてん〉ともいい,六注比廛ともよばれる。都に御用商人を置く制度は高麗時代から存在し,李朝も1399年ソウルに市廛左右行廊を置いてその制度を受け継いだが,六矣廛は16世紀から17世紀の間に成立したものと思われる。〈矣〉の字義をめぐってはさまざまな解釈があるが,矣は股の字に等しく,6種の特権的な株を意味するとする説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の六矣廛の言及

【六矣廛】より

…〈りくいてん〉ともいい,六注比廛ともよばれる。都に御用商人を置く制度は高麗時代から存在し,李朝も1399年ソウルに市廛左右行廊を置いてその制度を受け継いだが,六矣廛は16世紀から17世紀の間に成立したものと思われる。〈矣〉の字義をめぐってはさまざまな解釈があるが,矣は股の字に等しく,6種の特権的な株を意味するとする説が有力である。…

※「六矣廛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六矣廛の関連キーワード李霆奎章閣水原ソウル李朝実録両班倭館亀甲船開化派宗金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone