六種供具(読み)ロクシュクグ

大辞林 第三版の解説

ろくしゅくぐ【六種供具】

〘仏〙 密教で、仏を供養するための六種の供物。すなわち、花・塗香・水・焼香・飯食・灯明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくしゅ‐くぐ【六種供具】

〘名〙 仏語。密教で、仏を供養して仏前に供える六種の物。すなわち、閼伽・塗香・華鬘・焼香・飯食・灯明の六つ。〔真俗仏事編(1728)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android