灯明(読み)とうみょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灯明
とうみょう

神前や仏前に献じる灯火のこと。「みあかし」ともいう。経典中には、仏塔や仏像、あるいは経巻の前に灯(ひ)をともすことには大きな功徳(くどく)があるとして、これを賛嘆しており、『施灯功徳経』では、仏滅後に塔寺で灯を供養せば死して三十三天に生ずと説かれている。中国や日本で仏堂や仏壇にかならず灯明をあげるのは、こうした経説に基づくといえる。灯は燃料によって、古くは脂、膏(こう)、蘇(そ)、油、漆(うるし)、蝋(ろう)、明珠(めいしゅ)など7種(あるいは10種)あったとされる。現在はろうそくが多く用いられ、燭台(しょくだい)、灯台、灯籠(とうろう)などでともす。昼夜ともし続けるのを常夜灯、多くの灯をともして行う法会を万灯会(まんどうえ)または万灯供養という。また、貧者の一灯は長者の万灯に勝ることが経典に記されている。[岡部和雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯明の関連情報