共同体感情(読み)きょうどうたいかんじょう(英語表記)community sentiment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同体感情
きょうどうたいかんじょう
community sentiment

R.マッキーバーは社会類型の理論としてコミュニティーアソシエーションを提唱し,さらに前者の基礎は地域性 localityと共同体感情にあるとした。共同体感情とはコミュニティーが共通の生活の場であることから住民間に生じる共属の感情をいう。その構成要素としては,(1) 共通な利害をもつところに生じる同一視と親密性の「われわれ感情」,(2) 地域社会の諸場面で自己の果す役割をもつという「役割感情」,(3) コミュニティーへの「依存感情」などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android