共同火力発電会社(読み)きょうどうかりょくはつでんがいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同火力発電会社
きょうどうかりょくはつでんがいしゃ

共同火力と略称される。電力会社と電力を大量に使用する企業とが共同で建設する火力発電所。共同出資した子会社の形態をとる。電力会社と鉄鋼会社,アルミニウム精錬会社などの結びつきが多かったが,現在では多くの大工場で自家発電施設を独力で保有している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同火力発電会社の関連情報