独力(読み)どくりょく

精選版 日本国語大辞典「独力」の解説

どく‐りょく【独力】

〘名〙 自分一人の力。自力
※両足院本山谷抄(1500頃)五「坡がやすやすと力にしてあぐるぞ」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「約一年半の間、彼は独力(ドクリョク)で己れを支へて行ったのです」 〔水滸伝‐四九回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「独力」の解説

【独力】どくりよく

一人の力。黄庭堅〔子瞻(軾)の詩句、一世に妙なり、(しか)るに云ふ、庭堅の体に効(なら)ふと~〕 枯壑(かんがく)(谷川)に倒(さかさま)に 波濤の舂(しようどう)する (ひ)けども(すす)まず 乃ち獨力もて扛(あ)ぐ

字通「独」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android