コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同配船 きょうどうはいせんcooperative ship operation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同配船
きょうどうはいせん
cooperative ship operation

海運業界で,船舶の運航を合理化するため,海運会社数社が協調して航路配船を行うもの。元請会社1社の窓口を通じて荷主と交渉が行われ,各社のシェアに応じた輸送割当てによって配船が行われる場合と,配船センターによって配船調整が行われる場合とがある。船腹の回転率が向上し,むだな運航が減少するほか経費の削減などの効果があげられる。近年では,同盟船社間だけではなく,同盟船社と盟外船社との間でも輸送力の相互調整を行う航路がでてきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android