コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共鳴混成体 きょうめいこんせいたいresonance hybrid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共鳴混成体
きょうめいこんせいたい
resonance hybrid

1つの分子の構造が2つ以上の極限構造の重ね合せによって表わされるとき,これを共鳴混成体と呼ぶ。たとえば塩化水素は H-Cl←→H++Cl- などで表わされる共鳴混成体である。ベンゼンにおける炭素原子間の間隔は 1.39Åで,C-C結合の 1.54Åと,C=C結合の 1.34Åとの中間の値となっている。このように極限構造の重ね合せが及ぼす影響を共鳴効果という。なお,このような考え方を,L.ポーリングは共鳴説として,C.インゴルドや A.アイシュテルトはメソメリー説として,ほとんど同時に提示した。特に不飽和結合や非共有電子対を有する原子を含む分子の物理的・化学的性質は,共鳴混成体の概念によってよく説明される。共鳴の結果,分子の安定性が増加するとき,その安定化に寄与するエネルギーを共鳴安定化エネルギーという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

共鳴混成体の関連キーワードジアゾメタン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android