コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵站線 ヘイタンセン

2件 の用語解説(兵站線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいたん‐せん【兵×站線】

本国と戦場を連絡する輸送連絡路。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へいたんせん【兵站線】

戦場と兵站部を結ぶ輸送路線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の兵站線の言及

【兵站】より


[陸上兵站]
 (1)補給業務 兵站の中心は補給業務である。作戦軍が必要とする糧食,燃料,武器,弾薬,衛生材料,その他の需品類を,本国から前線部隊まで輸送するための交通路(兵站線または後方連絡線という)が設定される。その兵站線上に各品種ごとの倉庫,補給廠,補給所等が開設され,それらに対して船舶,鉄道,自動車等により必要量が追送・集積される。…

※「兵站線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兵站線の関連キーワード宇野一般国道宇高連絡船通い船声息地方連絡部本四連絡橋レポ連絡船連絡網

兵站線の関連情報