コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其処ら ソコラ

2件 の用語解説(其処らの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そこ‐ら【×処ら】

[代]中称の指示代名詞。
聞き手のいる場所のあたりをおおまかにさす。そのあたり。そのへん。「其処らを散歩してくる」
聞き手に関する事柄のだいたいの程度をさす。そのくらい。そのへん。そこいら。「其処らが妥当だ」
[名]数量を表す語に、多く助詞「や」または「か」を介して付き、その数量に近いことを漠然とさしていう。その程度。そのくらい。「十(とお)や其処らの子供にはわかる道理がない」「駅まで二〇分か其処らで行ける」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこら【其処ら】

( 代 )
中称の指示代名詞。
その辺。そこいら。 「 -にあるのを持って行く」 「そんじょ-」
その程度。 「 -が彼の実力だろう」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone